私のコンプレックスは貧乳です。
高校卒業して独り立ちし、

半年後に初めて実家に帰った夜に母に言われた言葉は
あんた、どこにおっぱい落としてきたの?

でした。
それまで、自分は貧乳だけどまぁいっか

となんとなく思っていた気持ちが一転、

急激に自分の体が恥ずかしくなり、

また一般女性私とどれほど違う人生を

送っているのか気になるように。

自分が貧乳であることは隠しようもなく、

普通に街を歩いていてもバレることなので

隠さずに同性の友人に聞いてみたらビックリ。
走る時に揺れて痛い!
寝る時にブラをしないと落ち着かない!
大きすぎて可愛いデザインがない!

同じ女性なはずなのに未知なる世界の話を聞いている気分に…
ちなみにこれを自分に当てはめると

走っても何も揺れない!
寝る時どころか私生でもブラは不要!

締め付けられて痛いだけ!
小さすぎてサイズがない!(Aカップすら隙間が…)

私は生まれてくる時に母のお腹の中に

おっぱいを置いてきてしまったんだなとしみじみ感じました…。

一度自覚するととにかく気になる。
ストーンとした胸。

ブラをしてもしなくても関係ない胸。

揺れない胸。
せっかく女に生まれたのに勿体無いような、

世の女性が感じている苦痛を体験しなくて

済むことに喜ぶべきなのか…

そんな私に母がかかる慰めの言葉は、
妊娠したら少しは大きくなるわよ!

出産がやがてしぼむけど!
…お母様、慰めになってません。

バストアップのあれやこれやを試してみても、

成長することのない胸との付き合いも早27年。
一度でいいから、

揺れて痛いを経験してみたいものです。